簿記三級の内容1、現金過不足、当座借越、小口現金、手形、商品券、差入保証金、その他の費用~医学部生が簿記を勉強してみた~

こんにちは、すのーです!

簿記初級の内容は紹介し終えたので、三級の内容に入っていきます。

簿記初級の内容とかぶっている部分は説明しません。

ですが三級の試験にはでますので、初級の内容がわからない方は、初級編から見てください。

現金の帳簿残高と実際有高が異なるとき

会社では定期的に帳簿上の現金の残高(帳簿残高)と実際に会社の金庫などの中にある現金の金額(実際有高)が一致しているかどうかをチェックします。

そのときに、もし金額が一致していなかったら、帳簿残高が実際有高に一致するように修正します。

~現金の実際有高が帳簿残高よりも少ない場合の仕訳~

現金の帳簿残高が2000円、実際有高が1500円だとすると、帳簿上の現金500円を減らすことにより、現金の実際有高に一致させます。

このとき、借方は現金過不足という勘定科目で処理します。

現金過不足 500 現金 500

~現金の実際有高が帳簿残高よりも多い場合の仕訳~

一方、現金の実際有高が帳簿残高よりも多いときには帳簿上の現金を増やすことにより帳簿残高と実際有高を一致させます。

したがって、現金の帳簿残高が1500円、で実際有高が2000円だった場合の仕訳は次のようになります。

現金 500 現金過不足 500

現金過不足の原因が判明したときの仕訳

現金過不足が生じた原因がわかったら、正しい勘定科目で処理します。

借方に現金過不足を計上した場合は、貸方に現金過不足と記入します。

通信費 500 現金過不足 500

貸方に現金過不足を計上した場合は、借方に現金過不足と記入します。

現金過不足 500 売掛金 500

現金化不足の原因が決算日まで判明しなかったときの仕訳

会社は、一定期間に一度、決算日を設けて、一年間のもうけや資産・負債の状況をまとめる必要があります。

このとき行う手続きを決算とか決算手続といい、決算において行う仕訳を決算整理(仕訳)といいます。

決算日において原因が判明しない現金過不足は、雑損(費用)または雑益(収益)として処理します。

借方に現金過不足を計上したときは、貸方に現金過不足と記入し、借方に雑損と記入します。

雑損 500 現金過不足 500

貸方の場合は、借方に現金過不足と記入し、貸方に雑益と記入します。

現金過不足 500 雑益 500

当座預金の残高を超えて引き出したときの仕訳

銀行と当座借越契約という契約を結んでおくと、一定額までは当座預金の残高を超えて当座預金を引き出すことができます。

このように、当座預金の残高を超えて当座預金を引き出すことを当座借越といいます。

当座預金の残高を超えて引き出したときでも、当座預金(資産)の減少で処理します。

買掛金 500 当座預金 500

~決算日において当座預金が貸方残高のときの仕訳~

決算日において当座借越が生じている場合は、貸方の当座預金当座借越(負債)に振り替えます。

振り替えるとは、ある勘定科目の金額を別の勘定科目に移す処理のことを言います。

当座預金 500 当座借越 500

また、当座借越は銀行から資金を借り入れている状態なので、借入金(負債)で処理することもあります。

・再振替仕訳

決算日において、貸方の当座預金当座借越に振り替えたときは、翌期首に前記の決算日に行った仕訳の逆仕訳をして振り戻します。

この仕訳を再振替仕訳といいます。

小口現金

会社では通常、日々生じる細かい支払いに備えて、各部署や各課に少額の現金を手渡して起きます。

この少額の現金のことを小口現金といいます。

また、各部署や各課で小口現金を管理する人を小口現金係といいます。

会社全体のお金を管理して取引を仕分けする人は会計係といいます。

一定の小口現金を前渡ししておくシステムを定額資金前渡法インプレスト・システム)といいます。

小口現金は現金の一種なので、資産です。

なので、小口現金として前渡ししたときは、小口現金(資産)の増加として処理します。

小口現金 500 当座預金 500

小口現金係小口現金で支払いをしたとしても、帳簿に仕訳をするわけではないので、なんの仕訳もしません。

しかし、会計係は小口現金係から一定期間に使った小口現金の金額とその内容の報告を受けて、仕訳をします。

消耗品費 200 小口現金 300

雑費   100

会計係が小口現金を補給したときの仕訳

定額資金前渡法では、使った分だけ小口現金を補給します。

なので、補給分だけ小口現金の増加として処理します。

小口現金 300 当座預金 300

小口現金の補給は、支払報告を受けたときに直ちに行うこともあります。

このときは、支払報告時の仕訳と補給時の仕訳をまとめて行います

消耗品費 200 当座預金 300

雑費   100

手形貸付金と手形借入金

お金を貸し付けたときに、借用証書の代わりに約束手形を受け取ることがあります。

この場合は通常の貸付金と区別し、手形貸付金として処理します。

手形貸付金 1000 現金 1000

お金を借り入れ、手形を渡したときは手形借入金(負債)として処理します。

現金 1000 手形借入金 1000

受け取り商品券

商品券は後で発行者に買い取ってもらうことができます。

このときの、商品券を買い取ってもらえる権利は受取商品券(資産)として処理します。

受取商品券 1000 売上 1500

現金     500

商品券の発行者に所有している商品券を買い取ってもらったときは、受取商品券(資産)の減少として処理します。

現金 1000 受取商品券 1000

差入保証金

大家さんに敷金や保証金を渡すことを差し入れるといいます。

敷金や保証金は退去時にかえしてもらうことができます。

この場合の、差し入れた敷金や保証金は差入保証金(資産)として処理します。

差入保証金 1000 現金 1000

退去時に敷金や保証金が変換されたときは、差入保証金(資産)の減少として処理します。

普通預金 1000 差入保証金 1000

その他の費用

~通信費~

郵便切手や郵便はがきを買ってきたときは通信費(費用)で処理します。

通信費 1000 現金 1000

租税公課

固定資産を所有していると固定資産税がかかりますし、自動車を保有していると自動車税がかかります。

固定資産税、自動車税などの税金で、会社にかかるものは費用として計上します。

このように、費用として計上する税金を租税公課といい、支払ったときは租税公課(費用)として処理します。

印紙税租税公課で処理します。

租税公課 400 現金 400

~貯蔵品~

郵便切手や郵便はがき収入印紙が決算日において残っている場合には、残っている分だけ、通信費や租税公課から貯蔵品(資産)に振り替えます。

貯蔵品 500 通信費 300

        租税公課200

決算日において、貯蔵品に振り替えた費用は翌期首に前記の決算日に行った仕訳の逆仕訳をして振り戻します。

通信費 300 貯蔵品 500

租税公課200

法定福利費

健康保険料や厚生年金保険料などの社会保険料は基本的には会社と従業員で折半して納付します。

このうち、会社負担分の社会保険料については法定福利費(費用)で処理します。

法定福利費 500 現金 500

社会保険料

給料支払い時に給料から差し引いた従業員負担分の社会保険料預り金(負債)または社会保険料預り金(負債)として処理します。

給料 5000 社会保険料預り金 1250

        普通預金     3750

従業員負担分と会社負担分の社会保険料を合わせて納付したときは、従業員負担分については預り金または社会保険料預り金の減少で処理します。

会社負担分については法定福利費で処理します。

社会保険料預り金 1250 普通預金 2500

法定福利費    1250 

ICカードに入金したときの仕訳~

電車代やバス代などの交通費を支払ったときは、旅費交通費(費用)で処理します。

予めICカードに入金したときは入金時に、入金額を旅費交通費(費用)として処理します。

今回のブログは以上となります!

今回参考にした書籍は以下です。

わかりやすく、問題集も一緒になっているので、私はこれで合格することができました。