簿記初級の内容について3仕訳の基本~医学部生が知識0から簿記を勉強してみた~

どうも、すのーです!前回の記事は見ていただけたでしょうか?では、早速続きを書いていきたいと思います!

仕訳の基本

前回、簿記は取引を記録する手段だとお話ししたと思います。ですが、取引を記録するといってもいちいち文章で書いていたら見づらいですよね。なので簿記では簡単な用語(勘定科目)と金額を使って取引をします。この取引の記録は、領収書など、取引の事実を証明す資料である証ひょうに基づいて行われます。このように、勘定科目と金額を使って取引を記録する手段を仕訳といいます。
~簿記上の取引とは~
日常生活において取引というと「契約をした」「机を買った」などがありますが、これらの取引のうち仕訳が必要となるのは、簿記上の取引のみです。簿記上の取引とは資産、負債、純資産が増えたり減ったりするものをいいます。例えば「机2000円を買い、現金を払った」という取引をしたときには、備品(机)という資産が増えて、現金という資産が減るため、この取引は簿記上の取引に該当します。一方、「店舗物件について、賃貸契約を結んだ」という取引をしたときには、契約をしただけなので、資産、負債、純資産はどれも増減しません。つまり、「契約をした」という取引は、簿記上の取引にはなりません。「家賃を現金で支払った」は簿記上の取引に該当します。「現金100万円が盗まれた」というのも資産が減っているので簿記上の取引に該当します。

~仕訳のルール~

例えば「机(備品)2000円分を買い、現金を支払った」という取引の仕訳は次のようになります。
(備品)2000(現金)2000

このように、仕訳には1つの取引を2つに分けて記入するというルールがあります!

机を買ってきたとき、備品(資産)は増えますが現金(資産)は減ります。なので、仕分けをするときには、「備品を買った」という一つの取引を「備品が増えた」と「現金が減った」という二つに分けて記入するのです。では、この仕訳のルールについてもっと詳しく見てみましょう!

~5つの要素と左、右~

勘定科目は資産、負債、純資産(資本)、費用、収益の5つの要素に分類されます。そして貸借対照表または損益計算書の記載位置をベースに、それぞれの要素が増えたら貸借対照表または損益計算書の記載位置と同じ側に記入し、それぞれの要素が減ったら貸借対照表または損益計算書の記載位置とは逆側に記入するというルールがあります。では、今一度損益計算書貸借対照表の図を見てみましょう!

     損益計算書      貸借対照表 

f:id:snowmarine:20210320220552p:plainf:id:snowmarine:20210320204809p:plain

①資産
表を見てみてください。資産は貸借対照表の左側に記載されていますね。なので、資産が増えたら仕訳の左側に、減ったら仕訳の右側に記入します。

(資産の増加)××(資産の減少)××
②負債

負債は、貸借対照表の右側に記載されていますね。なので、負債が増えたら、仕分けの右側に、減ったら仕訳の左側に記入します。

(負債の減少)××(負債の増加)××
③純資産(資本)

純資産(資本)は貸借対照表の右側に記載されていますね。なので、純資産(資本)は増えたら仕訳の右側に、減ったら仕訳の左側に記入します。
(純資産の減少)××(純資産の増加)××
④収益

表を見てください。収益は損益計算書の右側に記載されていますね。なので、収益は、増えたら(発生したら)仕訳の右側に、減ったら(なくなったら)仕訳の左側に記入します。
(収益の消滅)××(収益の発生)××
⑤費用
費用は損益計算書の左側に記載されていますね。したがって費用が増えたら(発生したら)仕訳の左側に、減ったら(なくなったら)仕訳の右側に記入します。
(費用の発生)××(費用の消滅)××
~取引の8要素~
簿記上の取引「資産の増加」「資産の減少」「負債の増加」「負債の減少」「純資産の増加」「純資産の減少」「収益の発生」「費用の発生」の8つの要素によって成り立っています。

この8要素の結びつきを取引要素の結合関係といいます。仕訳のどちらに記入するかが、左側、右側のどちらかに偏ることはありません。必ず、右側、左側に記入する要素がそれぞれ発生します。まとめると次のようになります。

f:id:snowmarine:20210322215522p:plain

~仕訳の左側合計と右側合計~
仕訳において左側の合計金額と、右側の合計金額は必ず一致します。

例えば次のような仕訳は左側の記入は1つ右側の記入は2つですが、それぞれの合計金額は一致しています。

(現金)1000(土     地)800
        (固定資産売却益)200

~借方と貸方~

簿記では仕訳の左側のことを借方、右側のことを貸方といいます。名前に特に意味はありません。「り」が左に向かって伸びるから左、「し」が右に向かって伸びているから右側という感じで覚えるといいと書いてありました。

(借方)××(貸方)××
~勘定と転記~

仕訳をしたら、勘定科目ごとに金額を集計します。その表を勘定口座といい、仕訳から勘定口座に記入することを転記といいます。

~貸借平均の原理~

仕訳のルールに従って処理をすると、借方の金額と貸方の金額は必ず一致します。なので、それぞれの合計額は一致します。これを貸借平均の原理といいます。この原理は仕訳のミスを発見するのに使えます。

今日のブログは以上となります!わかりやすかったでしょうか?参考書籍は以下です。一冊で勉強を完結させることが出来ます。