簿記初級の内容について2損益計算書と貸借対照表の見方~医学部生が知識0から簿記を勉強してみた~

どうも、すのーです!前回は簿記そのものについての解説を主に行いました。今回は早速簿記初級で学ぶ内容について書いていこうと思います!!

 簿記って何??

お店や会社は経営状態を取引先に伝えたり、税金を支払うために”もうけ”や”財産状況”を明確にしなければいけません。そこで、モノの売り買いなどの日々の活動(取引)を記録しておく必要があります。その手段が簿記です。

お店や会社の利益や財産状況を明らかにするのは通常年に一度でそれを会計期間と呼びます。会計期間の開始日を期首、終了日を期末または決算日、期首から期末までの間を期中といいます。

f:id:snowmarine:20210320194551p:plain

損益計算書貸借対照表

貸借対照表に記載されるもの~

お店の利益または損失を表す表を損益計算書、お店の財産状況を表した表を貸借対照表といいます。貸借対照表は期末時点における財産の状況を明らかにした表で資産負債純資産がどれくらいあるかを書きます。貸借対照表は下の図のように左側と右側に分け、左側には資産、右側には純資産と負債を載せます。

f:id:snowmarine:20210320204809p:plain

①資産

土地や現金など一般的に財産といわれるものを資産といいます。イメージ的にはあるとうれしいもの、ですね!

資産に分類される項目には主に次のようなものがあります。

  

名称 内容
現金 紙幣や硬貨など
売掛金 代金後払いで商品を販売したさいの、後で代金を受け取る権利
貸付金 他人にお金を貸した時の、後で返してもらえる権利
建物 店舗や倉庫など
備品 事務用机やイス、パソコンなど
土地 店舗や倉庫などの敷地、駐車場など

②負債

借金のような後でお金を払わなければいけない義務を負債といいます。イメージ的にはあると嫌なもの、ですね。負債に分類される項目には、主に次のようなものがあります。

名称 内容
買掛金 代金後払いで商品を購入した際の後で代金を支払わなければならない義務
借入金 借金したときの後で返さなければならない義務

③純資産

開業するときに、通常店主が個人のお金を元手として出資します。これが純資産です。また、お店が活動して得たもうけも純資産となります。

名称 内容
資本金 日商初級では資本金+利益

~資本等式と貸借対称等式~

資産、負債、および純資産の関係は次の計算式の関係になっています。

①資本等式

純資産(資本)=資産ー負債

貸借対照表等式
資産=負債+純資産
損益計算書に記載されるもの~
損益計算書は会計期間に発生した収益と費用を記載しその差額で利益や損失を計算します。損益計算書は、次のように左側と右側に分け、左側に費用、右側に収益を記載しその差額で当期純利益当期純損失を計算します。

f:id:snowmarine:20210320220552p:plain

①収益

受取利息や売り上げのように資産が増える原因となるものを収益といいます。この収益には主に次のようなものがあります。

  

名称 内容
売上 商品の販売によって得た収入
受取家賃 建物を貸すことによって得た収入
受取地代 土地を貸すことによって得た収入
受取手数料 取引を仲介することによって得た仲介手数料など
受取利息 金利息や、貸付金の利子
固定資産売却益 土地を売却することによって得た利益

②費用

電気代などのお店が活動するために必要な支出を費用といいます。費用には主に次のようなものがあります。

  

名称 内容
仕入 販売するための商品の購入にかかった支出
給料 従業員に支払う給料や手当
保険料 火災保険などの保険料
水道光熱費 水道代や電気代のための支払い
広告宣伝費 チラシ代など商品の広告・宣伝にかかったし支出
通信費 電話代、郵便代など
支払家賃 建物を借りることによる支払
支払地代 土地を借りることによる支払
維持費 固定資産の維持や修理などの維持費用
雑費 ほかの勘定に含まれないもので、金銭的に重要でないもの。お茶菓子代など
支払手数料 仲介手数料など
支払利息 借入金の利子
固定資産売却損 土地などを売却することによって発生した損失

損益計算書貸借対照表の関係~
一会計期間における当期純利益当期純損失)はその会計期間における純資産の純増加額(純減少額)となります。したがって

①収益ー費用=当期純利益
②期末純資産ー期首純資産=当期純利益

となります。今回のブログは以上となります!参考書籍は以下です。